2010年07月24日

SBSH02271.JPG幻の魚!と言っても実在の魚「イトウ」です。

成長すると、というか長生きすると2bに達し、アイヌの伝説では、「鹿を食べた」とも言われています。

鶴雅という阿寒湖の旅館で飼育されていました。

ちなみにイトウですが、青森県鰺ヶ沢(馬風師匠のオカミサンの出身地)で養殖に成功?したらしく、以前にオカミサンが捌いてくれて、食べたことがあります。幻はとても旨かった記憶が…やはり幻でしょうか。
posted by 鈴々舎馬風 at 09:03 | Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

spacer.gif